2010年12月08日

小さな贈り物

12月15日まで開催しているCO GALLERY(桜ショップ)での展示では、
ご来場の方に抽選で贈る、作り手からの小さなプレゼントをご用意しています。

どきどきわくわく、くじも楽しいものを作りました。

101205_1912~02.jpg

織・布作家の斉藤登美枝さんに、試しにくじをひいてもらったところの写真です。

贈り物は、作り手の遊び心いっぱいのものです。
普段意識して手に取らないものでも、使ってみると新しい発見が
あるかもしれません。

ぜひ会場に遊びにいらして、くじもひいて下さいね。

出品作品の制作の合間に、くじづくりに没頭してしまいました・・・。

土曜日担当ですが、すみません、ブログ更新が今日になってしまった
陶造形作家の三宅直子より

posted by craft-mans at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 三宅直子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年11月28日

つみあげる

やきもののスツールを作るべく、粘土を積み上げる日々です。

手びねり(輪積み)と言われる方法で、直径40cmほどのものを作っています。
ひも状に伸ばした土を、ぐるぐると輪をかくように積み上げ、
中空の球体を作り形を整えていきます。

一気に積み上げると、せっかく作ったところが土の重さで
へたってしまうので、時間をおいて、少し乾いて強くなったら
また積む、という感じです。

11-27DSC_0005-1.JPG

こうやって写真で見ると、自分でも驚くほど生っぽいですが、
これから削ったり整えたり足したりし、乾燥させて、
顔料や釉を掛けて焼くと、強くたくましくなります。


11-27DSC_0014-1.JPG

足しました。
もっと足します。
スツールとは思えないですね。。。


制作過程を紹介しようと思っていたのですが、
つい先に手が動いてしまい、
撮影のタイミングを逃してしまいました。

ここからどうなったか、また次回紹介したいと思います。
(スツールではなくなっているかもしれません・・・。)

黒っぽい土ですが、仕上がりは淡い白の予定です。
ジョージ・ナカシマの木の家具や、様々な生活空間と
合わせてもらうのが楽しみです。


土鍋も乾燥中です。

11-27DSC_0026-1.JPG

桜ショップの展示会では、羽生くん作の囲炉裏の上に乗る予定です。
どうなることか、たのしみたのしみ!


三宅 直子



posted by craft-mans at 08:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 三宅直子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年11月21日

カガミ制作

桜ショップに出品予定の鏡を仕入れに行ってきました。

DSC_0005-1.jpg

さまざまなサイズの小さい鏡を作りたくて
ガラス屋さんにお願いしていたのですが、
お店に行くと あれも、これもと
店にあった端材をおまけして下さいました。
これを陶板にはめ込むのです。

陶板の制作にはもう入っていたのですが、
いざ大量の鏡を前にすると一気に気が変わり、
鏡と制作途中の粘土の前でうーーーんと
考え込むこと数時間・・・

作り手には、考えてから作るタイプ、
作りながら考えるタイプと、
いろいろなタイプがあると思いますが、
私は考えるより作っている時、素材に触れている時が
一番柔軟な自分でいられる気がします。

あんまり考えないで作り始めるのが
いいのは分かっているのですが、
フライングしすぎては、
思ったように行かなかったり
一気に考えが変わったり。

ものの力はすごいですね。
うーーーーーん

三宅 直子
posted by craft-mans at 13:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 三宅直子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年11月14日

GEORGE NAKASIMA × craftman's WORKS 展示会に向けて

今回の展示では、金属・ガラス・布・土・イラスト・漆などの様々な素材や、様々な動機で表現をする作家たちが、ジョージ・ナカシマの家具のもとに集まります。

今までも、craftman's WORKS として、いろいろな作家さんと毎回ひとつのテーマに向けて制作し、展示をしてきました。
あれこれ話したり、頭をかかえたり、「これはすごいことを発見した!」と浮かれたり・・・

craftman's WORKSのメンバーは、ほとんどがオーダーメイドでもの作りをするのですが、作家同士であれこれ注文しながら作り上げるひとつの空間は、何とも充実感があります。
一人だけでは表せない、それぞれの作品やお人柄に影響を受けた、ひとつの空間が出来上がるからでしょう。
私も、周りの方々やものごとにたくさん栄養をもらって、かたちを作っています。
さて今回も、どうなることか楽しみです。

楽しみと言えば、作ったものが、どう感じてもらい、どんな方にどう使われるか、というのも、とても楽しみで大切なことです。
人の手に渡って、楽しんで使ってもらって初めて、完成するのです。
作っているときはドロドロのぼろぼろになることも多いですが、ふと仕上がりの想像をしたり発見をしては、ニコニコ(ニヤニヤ)する毎日です。

私は土による制作をしており、今日、第一弾の作品ができました。
「朝日のなか、パンや果物を入れて」というイメージで作りましたが、
お花もいいなあ。と、またあれこれ想像です。

DSC_0106.jpg

三宅 直子



posted by craft-mans at 02:13 | Comment(1) | TrackBack(0) | 三宅直子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年06月07日

三宅直子

P2009_1208_132131 のコピー.JPG


三宅直子 プロフィール

1978年 大阪生まれ
2002年 大阪芸術大学 美術学部陶芸コース卒業
2005年 多摩美術大学大学院 美術研究科修了
2008年 clay works   [ `n studio (エン スタジオ)  ] 設立

東京都町田市の工房で、主に土を素材として制作活動をしています。



posted by craft-mans at 19:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 三宅直子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。