2010年04月13日

MAio-108 再度錆について

どういうわけか、此処のところ、錆の話が、多い。 良い錆ふかせてください。 反対に、錆ふかせないように。 まるきり反対の話し。 鉄は、錆ます。言うまでもないが、鉄は、空気中の酸素と結合して、酸化します。 最初の内は、いわゆる赤錆、完全に酸化していない状態です。 これを上手く、徐々に酸化させたり、一気に薬品などで酸化さたりすると、黒い安定錆に、変わります。 こうなると、傷つかない限り、空気中では、錆びにくくなります。 いわゆる黒錆です。 普通の状態であれば、赤錆が吹き始め、環境にもよりますが、その下に、黒錆が形成されます。一見赤い錆のように見えますが、その下に、黒錆が出来上がると、もう錆は進行しなくなります。 但し、風に、砂やごみが巻かれ手吹きつけたり、日に晒されて、鉄が温度を上げたりすると、表面の、黒錆が痛み、そこから、また赤錆が進行します。 ですから、錆びさせないようにするには、空気との接触をしないようにすればよいのです。 その、第一は、塗装です。 塗装も、下地と、上塗りが有ります。 下地を(通常エポキシを使うことが多い)2回くらい塗り、上塗り1回くらいでも、 傷をつけない限り、なかなか錆びにくいものです。 但し、取り付けの時に、落下や、取り付け面のゆがみ、などで、無理に本体の鉄を曲げたり 伸ばしたりすると、溶接部分や、傷ついたところの、塗膜が痛みますので、そこから錆始めることが、多いものです。 また、塗膜は、自然に置いて置いても劣化します。 風に晒されたり、雨に降られたり(最近酸性雨ですから)環境によって、変化の度合いが 著しく、違います、完全に最初と同じような状態を維持するとしたら、それこそ毎年、あるいは、2、3年に1度、上塗りをかけなければいけません。 代々木体育館や、東京タワーも5年に一度、下地から塗りなおします。 ただ、造形物の場合、(後述しますが)錆は別の意味をも持ちます。 また、亜鉛メッキという方法もあります、鉄を、酸洗いしたのち、高熱で溶かした、亜鉛の中に漬け込むのです、これは、細かい部分の無い、単なる、角材や、丸の鋼材の場合かなり強力ですので有効です。 但し、何か所も、細かく溶接したものや、きっちりした形に組み上げたものは、亜鉛の熱の為に、はなはだしいゆがみが生じ、結果として、曲げ戻したり、ゆがみの矯正の時に、力を加えますので、目に見えないメッキの傷が生じ、その上に最終塗装をしたときに、傷の部分は、1回塗りと同じ効果きりでない場合が多いのです。 亜鉛メッキは、錆びに対しては大変強力なものですが、難点は、塗装が乗りにくく、剥がれやすいということも、考慮芯なければいけないかもしれません。 いずれにせよ、塗膜の厚みが、錆を左右すると言えます。 予算の問題などで下地の塗り回数が少ない時は、なるべく早めに、塗り重ねの機械を設けた方が良いと思われます。 しかしながら、錆、反対にきれいだという方も、最近多くなって来ています。 「わびさび」という言葉が有ります。 日本人の心、感性の良さを表わす言葉です。 私も、オブジェなどは、錆の風化した表情の、美しさは、造形の一部として、出来る限り、取り入れ、鉄の自然のはだの、美しさは、出来たら、みんなに楽しんでもらいたいと、思うようになりました。 それは時間の移り変わり、物事の移ろいを表現するものです。 木などと違い、木目が有るわけでもない、鉄の肌は、むしろ錆びてこそ、美しさがでてくるように、思うという意見も、最近では多くなり、いかにうまく錆びさせるかがカギになります。 ヨーロッパの古い門扉や、道具達、最初は塗装してあったものが、風化し、さらに塗装が肌を際立たせ、また風化し、塗装した物の美しさは、得も言われません。 鉄をあえて錆びさせる場合、酸を使って、最初に強力に錆びさせます、この時気をつけなければいけないのは、いきなり強めに、錆びさせると、まえにも書いたとおり、赤錆の下に、黒錆が一気に出来上がり、それ以上進行しにくくなり、折角錆びさせたつもりが、錆を保護した状態になってしまします。ですから、錆びさせるといっても、2カ月も3ヶ月も掛け、ゆっくり、進行させなければなりません。 前記した、塗装をして錆ないようにすると言っても、2,3年置きに上塗りを、続けない限り、不可能です。 むしろ、多少錆びた状態を、少しだけ維持し、鉄の肌が、あれてきてから、再度、上塗りをかける、などすると、鉄の雰囲気は、さらに上がります。 もし、まったく錆びさせたくないのなら、鉄を使うべきではなく。ステンレスを使った方が良いと思われますが、鉄の雰囲気には、なりませんし、費用も数倍になります。 あるいは、プラスチックを使うしかありません。プラスチックにしてもいずれは、紫外線でひび割れを起こし、見るも無残な姿になってしまします。 錆びさせないといい、錆びさせるといい。どちらの場合も、時間をかけ手を掛け、費用をかけ、ということになります。
posted by craft-mans at 19:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | MAio-108 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年03月06日

MAio-108 ZERO FIRST DESIGN のスタジオがオープンしました!

株式会社ゼロファーストデザインがこの度ハウススタジオ「Le CAVE STUDIO(ル・ケイブ)」をオープンしました。 maio108も施工に携わり、スタジオオープンのニュースは喜びひとしおです。 主に鉄を使った窓枠、鉄板を切って敷きつめた床、ステージなどを制作しました。 渋谷区代官山から近く、静かな雰囲気を漂わせたスタジオです。多目的な用途に開かれた 場所として、これから様々なイベントや展示などに使われていくことでしょう。 催事のご予定をお考えの方はぜひご利用ください。よろしくお願い致します。 ゼロファーストデザイン「Le CAVE STUDIO」 ↑下の方の小さめの画像をクリックすると、画像フォルダが開きます。
posted by craft-mans at 21:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | MAio-108 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年11月19日

MAio-108 Bistro Hatena? Recipe & ¥en Bar オープンしました!

急に寒くなってきましたね。工房の中も冷えるので、 最近は薪ストーブの火は絶えず燃えています。さて、そんな寒さも ここでゆったり時間を過ごせば大丈夫です。 この度、渋谷にあるトレジャーチェストを改装して 「Bistro Hatena? Recipe & ¥en Bar」としてオープンしました。 オープニングにはたくさんの方々がお越し下さいました。 ありがとうございました! 夕方はBistro Hatena? Recipe(ビストロ ハテナ? レシピ) 夜は¥en BAR(エンバー)と、2つの顔を持ったお店です。 hatena?の方はシェフが工夫を凝らした料理とおいしいワインを楽しめま す。渋谷でのディナーにぜひお立ち寄りください。 ¥en Barの方は一味違った深夜のムード、素敵なバーテンがお酒と音楽をご 用意してお迎えします。 私たちも内装に意匠をこらして取り組みました。 ゆったりとした時間の流れを感じられるお店になったと思います。 よろしくお願いします。 ホームページはまだ工事中なので、完成したらまたお知らせします!
posted by craft-mans at 18:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | MAio-108 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年10月26日

MAio-108 関西の二胡弾き達に会って来ました

先週末は久しぶりの出張で大阪に行ってきました。 そのついでで、 関西の二胡弾きさん達の集まりの日程と、 出張のスケジュールが丁度合ったので、 mixiの中の、二胡のコミュのオフ会に参加してきました。 大坂城天守閣の麓の公園で、関西の二胡弾き達にたくさん出会い、 たくさんの二胡を試し弾きさせてもらい、 二胡作り西野は、また新たな二胡制作研究のヒントを得たようです。
posted by craft-mans at 20:16 | Comment(2) | TrackBack(0) | MAio-108 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年09月06日

MAio-108 西野二胡発表会

2時間ほどでしたが、 10数人の方々が、わざわざ、西野二胡、弾きに来てくれました。 皆さん弾きはじめると、音を出しては、値段を眺め、 うーん、という顔、 中には、楽譜持参でいらした方もあり、かなり賑やかな、会場でした 皆さんの意見は、 驚いた。と言うのが、ほとんど、 もちろん、本人目の前に、批判はありませんでしたが。 いずれは、欲しいと言って頂けました。 中のお一人の男性は、 東京中の二胡屋さんの、二泉二胡弾いてきた。 けれど、これだけ鳴るのは、初めてと、 1時間位も、西野二泉弾いていらっしゃいました。 何はともあれ、西野二胡、販売始めてやっと1ヶ月経ちました。 なんとか、世の中に、11台出ていきました。
posted by craft-mans at 20:03 | Comment(4) | TrackBack(0) | MAio-108 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MAio-108 西野二胡新デザイン 2

今回納品したうちの1台は、渋い、黒い糸巻きバージョンです。 金二胡はどちらかというと女性からの人気が高かったので、 以前、男性好みに合わせて、と、ブラックバージョンを作ったところ、 渋好みの女性からもご好評いただいたので、再び登場です。 トップは新デザインの真鍮タイプなので、渋い中にも華やかさがあります。 音色は、重厚。
posted by craft-mans at 19:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | MAio-108 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MAio-108 西野二胡新デザイン 1

今までの大理石のトップから、真鍮のプレートにモデルチェンジ! 本日、西野二胡新作発表・試奏会を、販売代理店である中国屋楽器店にて開催し、 それに合わせて、新作の竿のトップ部分のデザインが大きく変わりました。 今や『西野二胡』と言えばゴールドの花窓、糸巻き、センキン♪ そこに、新たにトップの音止部分も加わり、ますます幸運の金二胡です。 音色は、デザイン負けするどころか、美しい姿にふさわしく、 甘い美声の持ち主です。
posted by craft-mans at 19:43 | Comment(2) | TrackBack(0) | MAio-108 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年07月14日

MAio-108 工房横の土手で撮ってみました。

工房は、すぐ横を、緑も爽やかな多摩川が流れています。 そのため、どんな騒音(?)もOKなので、二胡製作にも練習にも 絶好のロケーションです。 たまに、その好環境に惹かれ、二胡仲間達も演奏しにやって来ます。
posted by craft-mans at 19:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | MAio-108 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MAio-108 花窓(カソウ)と呼びます。

今までの、二胡は、この部分が、薄い木の透かし彫りでした。 ただ、音的に言うと、高音が、この部分に反響して、変な雑音が出る場合もありました。 ですので、この部分も、なるべく細く、音を邪魔しない糸を使ってみました。
posted by craft-mans at 18:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | MAio-108 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MAio-108 糸巻き

握りやすさと、華やかさを演出してみました。 糸巻きは、毎日触るところです。優しさも大切です。 これは、金糸ですが、他に黒、銀糸等も、用意してあります。
posted by craft-mans at 18:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | MAio-108 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。