2011年05月11日

MAioー108 桜の下で

三橋、桜.JPG
満開の桜の下で、宴会では無く現場です。
今回は結婚式場の造園工事のお手伝いをさせていただきました。

三橋、工事2.JPG
と言っても穴を掘ったり植木を植えたりではありません。
制作したのはパーゴラと言う植物を絡ませる庇のようなものですが、
今回の形状はアーチ型でトンネルの様になっております。

三橋、工事.JPG
長さ15mの高さ2.5mの植物のトンネルです。
完成したら綺麗だなと今から想像出来ます。

鋼材は全て無垢材です、なぜかと言うと錆で仕上げるからです。
パイプで作っても同じ形は出来ますが、パイプ
表面は錆止めを施せますが、内部から錆が進行する為、
年月がたつと肉厚2mmや3mmではボロボロに崩れてきます。
ましてや、錆仕上げとなるとあっという間です。
ところが無垢材ですと太さにも依りますが、表面からのみ錆が進みます
100年たっても錆が内部まで進行してポキット折れる事は無いでしょう。
永く使うことを前提とすると、同じ形でも使う材や、組み立て方、などいろいろ違いが出てきます。


物を永く使うエコロジーてあると思うのですが、どうですかね。

 

http://www.maio108.com/
MAio-108大森

posted by craft-mans at 08:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | MAio-108 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/200413104

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。