2011年04月03日

MAioー108 銅板の煙突

久しぶりの更新です。
先月、珍しい仕事をしました。

銅板でピザ窯の煙突を作って欲しいとのこと銅のラッキングと言うらしい。
銅板の加工もちょくちょくやりますが、鏡面仕上げですから普段とは違う気遣いが必要です。

銅板煙突.JPG

銅板は通常定尺(小板)が365×1200mmのサイズです。
直径250mmの煙突でしたので、最低800mmの幅が必要になります。
長さも1mぐらいは欲しいので小板では足りません。

もう1サイズ大きい板は1m×2mとかなりの大きさになりますが、今回はこれを使います。
今回は計10mぐらいの長さですので、最低5枚、曲がりがあるので予備で6枚用意しました。

メートル板(1m×2m)、これが大きくて、扱いが大変です。1人ではとても取り回しが出来ません。
必要な長さにシャーリングで切ります。(ギロチンのような機械)
三本ローラーで曲げます。(3本のローラーの間に板を通して任意のカーブ二曲げる機械)
端をベンダーで曲げて鍔をつけます。(V字の溝で板を折り曲げる機械)
下準備だけでも色々な機械が必要になります。



現場での取り付けはほとんど手作業です。
直線だけならそれほど大変ではないのですが、
写真のように窯の上でクネクネ曲がっているので
現場で1つ1つ合わせながら、金切鋏で裁断します。

夜通しの作業で大変でしたが、仕上がりには満足です。
山口君、羽生君お疲れ様でした。

http://www.maio108.com/
MAio-108大森

posted by craft-mans at 18:06 | Comment(2) | TrackBack(0) | MAio-108 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
面白いですね。
何処の お店ですか?
たずねてみたいです。
Posted by at 2011年04月05日 12:14
すみませんお返事遅れまして。
新宿の新南口駅前にある、PIZZERIA CAPORIです。
ビクトリアの右隣りのビル1FがスターバックスのB1です。
お近くまでお越しの際は是非お寄り下さい。
Posted by 大森 at 2011年05月18日 10:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/194045608

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。